カテゴリ:ブログ( 57 )
我が家の庭の猫
昨年の春頃から、我が家の庭へ猫が来るようになった。色々な猫がやってくるのだが、いつも来ているのが、白黒君と茶白ちゃんの二匹だ。
f0083623_18131381.jpg

f0083623_18122180.jpg


どこかの飼い猫で夜には帰って行く。見ていると二匹は恋人同士で、我が家の庭はデートの庭といったところだ。
いかにも恋人らしく愛くるしい表情を見せるので、我が家では人気者になっている。
娘夫婦がその表情を写真に撮っているので見てやって下さい。
f0083623_1817130.jpg

f0083623_18173537.jpg

f0083623_18175443.jpg

f0083623_1818176.jpg

f0083623_18183463.jpg

f0083623_18185921.jpg

f0083623_18192143.jpg

f0083623_18192860.jpg


by taguchi_mo | 2008-01-24 18:20 | ブログ
仮装パーティ
去る7日(金)エムアウト恒例のクリスマスパーティが、表参道スパイラルホールのレストランで、約100名が参加して、仮装パーティ風に行われた。

 中世の貴族、エジプトのファラオと奴隷、ドラキュラ、魔女、白雪姫と王子様、スパイダーマン、スーパーマン、バットマンなど、アメリカンヒーローたち。一休さんやメイド嬢など色とりどりであった。(写真)
 
私はモーツアルトに、あのカツラを一度、かぶってみたくて選んだ。
その格好をすると、なんとなく不思議な気分になれる。仮装の世界を大いに楽しむことが出来た。

f0083623_14315632.jpg

f0083623_11471869.jpg
f0083623_11472748.jpg
f0083623_11473558.jpg
f0083623_11474240.jpg
f0083623_11474968.jpg

f0083623_11464214.jpg

f0083623_14321435.jpg

f0083623_14322516.jpg

by taguchi_mo | 2007-12-12 11:53 | ブログ
いちょう祭り
12月に入って、寒い日が多くなりました。我が社の前のいちょう並木もやっと黄色になってきました。この明治神宮外苑では毎年、いちょう祭りが行われます。

今年も去る11月16日から12月9日まで、いちょう祭りが行われていて、観光バスなど多くの人が訪れています。しかし、今年は温暖化のせいでしょうか、いちょうがずっと青いままでした。ここに来てやっと色付きはじめたようです。ですから、この週末の8日(土)、9日(日)が最高の状態になると思われます。

 いちょう祭りの期間を15日間くらい遅くしたほうがいい。

f0083623_1246865.jpgf0083623_1246166.jpg



















f0083623_12462250.jpg

www.m-out.com
[PR]
by taguchi_mo | 2007-12-03 12:48 | ブログ
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
去る11月26日夜、久し振りにサントリーホールでチェコ・フィルのマーラー交響曲第3番を聞いた。
サントリーホールは、リニューアルされて気分のいいホールに生まれ変わっていた。
 チェコ・フィルは古く1896年の初のコンサートの指揮者がかの「新世界」で有名なドヴォルザークだったことで知られている。

 マーラーの交響曲第3番は、私は初めてで、大変野心的な作品に思えた。
それにしても、1時間50分ぶっ通しの演奏は少々疲れる。 

 余談になりますが、ANAインターコンチネンタルホテルのレストランでは、プレ・シアターでチケットを見せると10%値引きしてくれる。
f0083623_18251371.jpg
 
f0083623_18252217.jpg

                     (チェコ・フィルハーモニー管弦楽団パンフレットより抜粋)

by taguchi_mo | 2007-11-29 17:19 | ブログ
マリナ・カポス展
11月25日まで、トーキョーワンダーサイト渋谷でマリーナ・カポス展が行われている。
マリーナは、ミスミコレクションの時からのつきあいで、アメリカ西海岸の新進気鋭のアーティストだ。

今回は彼女が約半年間日本に滞在し、日本:特に東京の印象を12枚の画にしたものが展示されている。f0083623_1724393.jpgf0083623_17241210.jpg
f0083623_17384324.jpg









新しいものと、古いものが混在する東京。建前と本音が混在する日本を描いたのだそうだ。
一度見て欲しいと思う。ちなみに入場は無料です。
f0083623_17284051.jpg


www.m-out.com
[PR]
by taguchi_mo | 2007-11-06 17:47 | ブログ
ひょうたん
今年、ひょうたんを大きな鉢に植えたら、可憐な花が咲いて、その後にいくつものひょうたんがなった。数えてみると15個程あった。(写真)
今年の冬には、中を抜いて、酒入れでも作ってみようと思う。
f0083623_1856146.jpg
f0083623_18563842.jpg
f0083623_18564797.jpg

by taguchi_mo | 2007-10-15 18:57 | ブログ
ベルリン国立歌劇場
芸術の秋ということで、ベルリン国立歌劇場の日本公演が始まった。
去る9月28日、東京文化会館にて、モーツアルト作曲、かの有名なダニエル・バレンボイム指揮の「ドン・ジョヴァンニ」を観る。
 
久し振りの本場のドイツオペラであった。ドイツ人というと大きな人たちというイメージがあったが、比較的小柄な人が多く、日本人として親しみを感じた。
 
ドン・ジョヴァンニという、スカートをはいていれば、どんな女でも口説くという女たらしが、その放蕩ぶりがたたって地獄に落ちるという筋書きだ。

なんでもない話だが、歌で表現されると、本当にそれらしくなる。
特に二重唱、三重唱、五重唱がすばらしく思えた。

f0083623_16515953.jpg

f0083623_16541541.jpg
                写真:ベルリン国立歌劇場2007年日本公演プログラムより抜粋
by taguchi_mo | 2007-10-02 16:56 | ブログ
遂に月下美人咲く
 去る5月、月下美人の花が咲いたと思ったら、実は孔雀サボテン科に属する紅花孔雀(あかはなくじゃく)であることがわかって、がっかりしたことをブログに書いた。
 月下美人は夏から秋にかけて純白の大輪の花を咲かせると聞いていたが、遂に我が家にも正真正銘の月下美人が咲いた。一夜だけの開花であった。
f0083623_13575825.jpg
f0083623_1358824.jpg
f0083623_13581729.jpg
写真が下手ですみません。
by taguchi_mo | 2007-09-05 14:02 | ブログ
神宮外苑花火大会
今年もまた去る8月16日、神宮外苑花火大会が行われた。
わが社(エムアウト)では、毎年花火見物のパーティを催すことにしている。

わが社のあるビルは、イチョウ並木の正面にあって、花火を見物するには最高の場所にある。涼しい部屋でビールを飲みながら花火を見物することが出来る。

今年は暑い日が続いて、当日は夜になっても℃30を越す暑さであったが、16万人と最高の人出であった。
7階から見ているとイチョウ並木の道を、絵画館のほうへ夕方から続々と見物人が集まって来る。驚いたのは女性の約半分近くは浴衣を着ていたことだ。
 
グローバル化が進むと浴衣や着物が面白いかもしれない。

f0083623_15184859.jpg
                              花火見物のパーティ
f0083623_15201789.jpg
                              浴衣のお嬢さんたち
f0083623_15205956.jpg
                                                 花火
f0083623_15214147.jpg
                                            見物の様子
f0083623_15213024.jpg
                                            花火
f0083623_15181412.jpg
                                  花火クライマックス
by taguchi_mo | 2007-08-22 15:25 | ブログ
日本の農業はすばらしい。
 今、日本の果物、桃や梨やサクランボなどが中国で大人気だという。日本の消費者は、大変厳しい消費者だ。その消費者の要求に常に応えてきた日本の農業はすばらしい農業なのだと思う。

 それなのになぜ日本の農業が駄目だといわれるようになってしまったのか。
それは、戦後のわが国の農業政策が保護主義であったためではないかと思う。

工業化がどんどん進んだ高度成長時代、農業は手っ取り早く保護するのが一番いいやり方だった。しかし今、考えてみると保護し、援助したため、逆に日本の農業は駄目になったといえなくもない。

工業化社会で農業はどうあるべきか。新しい時代の農業への自立支援こそ必要だったのではないか。

正しい競争原理に基づく自立支援政策を取っていれば、日本の農業は世界をまたにかけたグローバルな農業に成長したかもしれない。

 今回の参院選での自民惨敗、民主躍進は保護援助から自立支援の時代に入ったことを示しているように思う。
f0083623_19241259.jpg
 

by taguchi_mo | 2007-08-06 19:25 | ブログ



マーケットアウト経営の現場から
by taguchi_mo
カテゴリ
ブログ
プロフィール
以前の記事
お気に入りブログ
関連リンク
最新のトラックバック
Buy soma onl..
from Buy soma table..
Buy ambein.
from Buy ambein.
俺なんかが売れたーよヽ(..
from ガリクソン
Cheap 37 5 p..
from Cheap phenterm..
Carisoprodol..
from Buy carisoprod..
ふぁーーーっくwwwwww
from 途中の使者
パチン-コ最高ーーー!!!
from 啓次
あー!!そこそこ!!!!
from 剥けてない
Tramadol wit..
from Tramadol.
Buy ambien w..
from Buy ambien wit..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧